Archives = Retropolis.ORG



TOMY LSI GAME TRON(トミー LSIゲーム トロン)

Sunday, January 23, 2011 AM12:06

今年1発目のゲーム蔵出しは、ちょうど映画も公開されている(2011年1月現在)タイムリーなこいつにしようと思います。
今から28年前に公開された同名の映画を電子ゲームに落とし込んだもので、ゲーム内容はライトサイクルの攻防、サーク(敵)をディスクで破壊、最後はMCP(マスター・コントロール・プログラム)を破壊と、ポイントは押さえた内容になっています。ディズニーにしてはかなり異質の映画ですよね。

箱紹介

tron13.jpg

tron12.jpg

tron14.jpg

どこか憎めない、いい悪役でしたね。

tron15.jpg

当時の相場で7,980円!ひょっとすると、もうちょっと高かったかもしれません。

ところで、実はまだ「トロン・レガシー」を見ていません。旧作は3回ほど見てます。最初の30秒ほどのオープニングでレトロフューチャー・モダン好きな人間(つまり僕です)の心を鷲掴みにされます。実際に見た人なら、賛同して頂けると思うのですが。

実機紹介

ぐるりと1周、ご覧いただきましょう。

tron01.jpg

tron02.jpg

tron03.jpg

tron04.jpg

tron05.jpg

そう、筐体はスケルトンです。少しスモークがかった黒で、透けております。この時期にしてはかなり珍しいデザインです。(ファミコンの沙羅曼蛇でもスケルトンが話題になったくらいですしね。)
分かりにくいですが、筐体の中身はむき出しかと思いきやそうではなく、プリント基板風に印刷された厚紙で、基盤を隠すように覆っています。全体的に作りが豪華です。絶対売れるという自身でもあったんでしょうか。

ゲーム紹介

tron07.jpg

操作の説明をします。左がいわゆる十字キーで、右側が攻撃あるいは加速ボタンになります。電源を入れると強制的にゲームが始まります。つまり、デモ画面はありません。

ステージ1. ライトサイクル

tron08.jpg

「トロン」といえばライトサイクルを真っ先に連想すると思います。映画でもCGという面でひとつの見せ場でもありますね。ライトサイクルを走らせて、残る軌跡を相手に衝突させて破壊するゲームです。
ボタンを押さなくても走行しますが、右のボタンを押すと加速します。ただ、加速すると相手も加速するので、使いどころは難しいです。方向転換時に加速すると相手を囲い込みやすくなったりする気がします。ちなみに映画のオープニングに写っていたゲーセンのライトサイクルゲームは、実際に存在します(ゲーム内容は少し違いますが)。

ステージ2. リング

tron09.jpg

映画では狭いリングで1対1の勝負をしていた例のバトルです。ゲーム内容はそこまで再現はできなくて、いわゆる「PONG」的なテニスゲームになります。これが案外難しい。
慣れてくると、ディスクを放つタイミングを見極めれば簡単にクリアできます。画面ブレてすまん。

ステージ3. MCP破壊

tron10.jpg

最後のステージはMCPを破壊するプログラムを実装したディスクを、MCPのコアに命中させ機能を停止させるという、映画のクライマックスを再現したゲームです。
端的に説明すれば、ディスクを2発投げてMCP破壊させるっていう単純なものです。1発当てたらバリアが一部割れて、もう1発を隙間に命中させます。ディスクが反射するときのグラフィックがいいですね。

tron11.jpg

命中!

ここまでで1周クリアで、以降難易度が上がりループになります。3周目以降から、ライトサイクルの速度が異様に早くなるので楽しいですよ。

動画

一応、クリアまでの動画をUpしました。音がずれるのはカメラのせいです。

ところで

皆さんはこういった系統のゲームは見たことありますでしょうか。「ゲームウォッチ」はご存知だと思いますが、これとほぼ同系統のゲームであります。異なるのは画面の表示形式で、今回のモノは「蛍光表示管」形式になります。僕はこれが大変好きでして、電子ゲームのコレクションはこの形式をメインに集めています。
電気を消すと特に素晴らしさが際立ち、

tron16.jpg

うひょー

tron17.jpg

ニキシー管を思わせる美しさ!

「蛍光表示管」が見たい!気分だけでも欲しい!という方は、トミーの「キングマン」というゲームを探してみてください。ゴミみたいな値段で取引されています。

---・---

もう少し書きたいことはあるんですが冗長になるのでこのへんで。
こんな感じで蔵出しをしていきたいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

4 Comments

灰色の男 April 10, 2011 10:19 PM

どうもTronの古い画像を探してたら、何故か?ここにたどり着きました。
実は、私もこのゲーム持ってるんですよ。同じ箱付きです。
当時クリスマスにプレゼントとして、親からもらいました。
大体これで歳が、バレると思うんですけど・・・
でも、¥7000くらいするんですか?知りませんでした。親の愛を感じます。
当時にしては、高いオモチャですね。
以前(5〜6年前)に、どこかの雑誌にレア・アイテムで紹介されてました。
その時の売値が¥20,000位値が付いてました。
このゲームってコツが有るんですよね。当時アホみたいに、やってたので今だに
瞬殺クリアー出来るかもしれません。

ではでは

nazal April 12, 2011 12:47 AM

こんなヘンピなブログを見てくださってありがとうございます。
電子ゲーム(特にFL管)は今思うとすごい高額な玩具ですよね。2台分でファミコンの本体が買えてしまうわけですから・・・。高額な取引は一時期あったような気がしますが(それでも定価くらいでした)今はどうでしょうかね。
このゲームって慣れないうちは、「リングゲーム」に翻弄されますよね(笑)ゲームの内容がうまくまとめられたバランスの良い電子ゲームだと思います。
不定期ですが時間のあるときにこういう系のゲームをUpしていきますので、忘れた頃にまた覗いてみてくださいまし。

quest December 18, 2011 12:10 PM

初めてヤフオクでゲットした電子ゲームがこれでした。デッドストックの状態で5000円でしたから、結構運が良かったかもしれません。電子ゲームの魅力の一つに、「極めて狭い制約の中での創意工夫が醸し出す美しさ」というのがあると思うんですが、本作はそれが特に顕著だと思います。本当に3種類のゲームが絶妙に1つにまとめられていますね。でも、やはり最初のライトサイクルのステージが楽しすぎて延々とやりたくなります。筐体デザインも素晴らしく持っているだけで何かワクワクします。

自分も液晶よりFLの方が何倍も好きですね。今、最新の技術でこの手の商品を作ってくれれば結構売れると思うんですが、どこもやってくれませんね・・・

nazal January 1, 2012 1:06 AM

questさん
TRONは本当に良くできたゲームですよね。当時、同名のアーケードゲームが海外でありましたが、(内容は一分違えど)それと遜色ないレベルの完成度だったと思います。組み込まれているゲームが飽きのこない内容だったからではないでしょうか。
私は9年か10年くらい前に、どこかのおもちゃ屋さんで新品をゲットしました。こういう経験はこの1回きりで、とても思い入れのあるゲームです。